12mm角の付箋で折り鶴! 誰が一番上手かレース

12mm角の付箋で折り鶴! 誰が一番上手かレース

こんにちは、デザイナーのTantanです。
今日のランチタイム、なぜか突然「折り鶴レース」が始まりました。

かみーゆさん:「どうせなら1cm角じゃろ!」
ということで、極小折り鶴にチャレンジ。

用意した付箋は12mm角

親指の爪より小さいくらいです。
しかも手近にあった付箋を使ったのでちょっと分厚いです。

苦戦するメンバー

「さいしょって四角!?三角!?」
まず折り鶴の作り方を思い出すのに一苦労。

そうは言っても広島人ですから、小さい頃から幾度となく折ってきた千羽鶴の経験があります。
なんとか思い出しながらも、その小ささに悪戦苦闘。

しゃーまん:「指がはいらんっ、あーイライラする!」

たしかに手が小さい方が有利かもしれません。

ゆきぱんだは奥の手(?)爪楊枝を取り出しました。

さらに細かい作業に入る

しゃーまんの独り言がだんだん絶望感を帯びてきます。

「あー、だめだ」
「いっかい広げよう」
「、、、これはひでえ」

一体しゃーまんの手元でなにが起こっているんでしょうか。

完成したのは折りづ、、る、、、?

↑しゃーまん作
これは、、、どっちが頭?
片側が無残に潰れています。痛々しい。

 

↑ゆきぱんだ作
爪楊枝で押さえた痕が、何とも言えない翼竜的なタフさを醸し出しています。

 

↑かみーゆ作
おお、頭としっぽがちゃんと立ってる。ツルかも、うんたぶんツル。

 

↑タンタン作
自分で言うのもなんですが、一番上手にできました。わーい。

 

サイズはこのとおり。

折り鶴4兄弟並べてみました。

久々の折り紙でみんな童心にかえって楽しみました。楽しかった!

リベンジマッチはあやとり

今度は紐を持ち出してあやとりが始まりました。
私はぜんぜん思い出せず、ふたりあやとりも途中で崩してしまうほど。

ところがなんと、しゃーまんは連続技を決めてきました。
ダイヤモンド→すべり台→ゴム→飛行機→かぶと→うまのしっぽ→最後はするっと抜けるマジック!

さらに、パンっと手を叩いてほうきも作ってくれました。すごーい!

意外な才能が発掘された、本日のランチタイムレクリエーションでした。

この記事を書いた人

Tantan | デザイナー

18歳まで広島育ち。大阪・東京でデザインの経験を積み、先日広島にUターンしてきました。糖質制限を実践中で冷凍庫には牛肉を常備。最近気になるキーワードは「ミニマリスト」。でも家の中を散らかしまくる2児の子育てに疲労困憊。

Tantanの記事一覧へ

関連記事

注目キーワード