• {{ item.count }}

ダンボールでヨロイを作ったら大人でも楽しいのか検証してみた

  • {{ item.count }}
ダンボールでヨロイを作ったら大人でも楽しいのか検証してみた

こんにちは、かみーゆです。

突然ですがみなさん子供の頃、ダンボールでヨロイを作って遊んだことはありますか?
私は子供の頃、兄とダンボールでヨロイを作って戦ってはコテンパンにやられていました。今でも根に持っています。

とはいえ、ダンボールでヨロイを作るのってなかなか楽しかった思い出があります。

そこで大人になってもダンボールでヨロイを作ると楽しいのか検証してみることにしました。

早速材料であるダンボールを調達に

みんなで会社の近所にある業務用スーパーにヨロイの材料となるダンボールを調達に。

身につける物なので、硬さ、色、汚れなどを見極めながら選びます。

材料を大量に持ち帰ります。

よもや、ダンボールでヨロイを作るために持って帰っているとは思われまい。。。
我々を見かけた人もふつうに「引越しでもするのかな?」ぐらいに思うことでしょう。

デザインの選定、制作のルール

持ち帰ったダンボールを使って制作に取り掛かります。

制作のルールとしてはダンボールの素材を活かします。色を塗るなんて以てのほかです。ダンボールのヨロイはダンボールの色をしているからいいんです。そして、接着に使用するのは紐とガムテープのみです。ガムテープはむき出してもオッケーです。

だってダンボールだもん

そして、みんな思い思いに制作スタート。

ネットで拾った画像などを参考に設計図なしでテキトーにダンボールをカットしていきます。

戦国武将を思わせるディテールにこだわった甲冑(かっちゅう):しゃーまん作

カッターで切れ目を入れ細かい模様をあしらった戦国時代風のヨロイ。

立物(カブトの飾り)もしっかり再現されていて立派です。
颯爽(さっそう)と馬にまたがる猛将さながら。馬いないけど。

どことなくロボットアニメへのオマージュも感じる。さすが昭和の男子。
ここまでくるとメガネも装備の一部に見えてきます。

ちなみに、こんな感じで飾っても絵になります。
あなたのお宅の床の間にいかがでしょうか?

床の間にオススメなダンボールヨロイ

指揮能力は一番高いはず。

いざ、出陣!

ファンタジーゲームに出てきそうな竜騎士風のヨロイ:かみーゆ作

ドラゴンを思わせるトゲトゲ感にこだわりました。
素材を活かし胸当てにうめぼしのロゴがあるのもポイントです。

槍も作りたかったけど力尽きたので、お掃除用ワイパーを代用。ズルイ。

カブトの頭頂部から結った髪の毛を出すことができます。おしゃれ!

多分、攻撃力は一番高い。

ワイパーだもんね。

スマフォをいじるダンボールヨロイの竜騎士

スマフォをイジるダンボール竜騎士を不審そうに見るダンボールうさみみの女児。

風土記の丘に佇む神秘の装備をまとったハニワ:たんたん作

古墳から出土しそうなハニワのヨロイ。
参考にしたモチーフは東京国立博物館収蔵の「埴輪 挂甲武人(はにわ けいこうぶじん)

なんと埴輪界で唯一の国宝だとか。

肩など可動する箇所は麻ひもで結合してあるので動きがスムーズ。着脱もラクラク。しかも、フルフェイスなので防御力も侮れない。ただ、目の穴の位置がずれると前が見えなくなるのが難点。

手に持った七支刀と首にぶら下げた勾玉が、、、ちょっと不気味

魔力は一番高いに違いない。

制作途中、転がるカブトも不気味。。

日が落ちてきて、薄暗くなった部屋の片隅にある装備一式も不気味。。。

ダンボールのヨロイ、制作裏話

制作時間はおおよそ5時間!

設計図がないので、何度も体や頭に合わせてフィッティングしながらちょっとずつ作りつつ、途中壊れたり涙、サイズが合わず作り直したりと、試行錯誤しながら何とか完成させることができましたー。

汗と涙の結晶です

防具としての機能を損なわぬよう、首の後ろ、内臓などの急所をキチンと守れるかを心がけて作りました。

まあ、素材はダンボールだけどね!

まとめ:童心に帰ってダンボールでヨロイを作ると楽しい!

みんな個性あふれるヨロイを作りきりました!ムダにがんばったー(笑)

今回は童心に返ってあーでもない、こうでもないと、ダンボール でヨロイを作りましたが思いのほか楽しかったです。

ちなみに、海外ではこんなクォリティ高いダンボール の装備を作って、しかも闘って遊んでいる人たちがいるみたいです。

今年2月の記事ですが世界的ブームは起こらなかったみたいですね。

ダンボールで作った武器や鎧で戦争ごっこ。オーストラリア発の大人の遊び「ボックス・ウォーズ」が世界的ブームの予感

しかも、既製品のダンボールのヨロイも売っているようです。

何でも安価に既製品が手に入る現代。
時間と手間はかかりますが、親子で作って遊ぶのも良い思い出になること間違いないですよ。

 

この記事を書いた人

かみーゆ | フロントエンドエンジニア

広島生まれ、広島育ちのIT戦士。平和と納期を守るために、日々全力で戦ってます。コーディングからプログラミングまでフロント周りを中心にお仕事してます。フロントエンドからサーバエンドまで幅広く触れるリベロなエンジニアを目指してます。好きなものは肉とビール。

かみーゆの記事一覧へ

関連記事

注目キーワード