• {{ item.count }}

RGBを脳内調合して札を取れ!「COLOR CODEかるた」で遊んでみた

  • {{ item.count }}
RGBを脳内調合して札を取れ!「COLOR CODEかるた」で遊んでみた

こんにちは、デザイナーのTantanです。
ちまたで人気沸騰中の(?)COLOR CODEかるたを入手しましたので、ご紹介します。

COLOR CODEかるたってなんぞや?

分かる人には分かります。

↓読み札です

↓取り札です

エンジニア・デザイナーの皆様ならもうお分かりですね、これは16進数のRGBカラーコードのかるたです。
読み手が「しゃーぷ、えふえふぜろぜろぜろぜろ」と読み、その色の札を取り合うゲームです。
なんてシュール

RGBカラーコードとは?

かるたの話をする前に、ちょっと色のお勉強です。(かるたで遊んだ感想は後半に書いてますので、面倒な方は飛ばしてください。)

モニターで使う三原色

ピンとこない方のために説明しますと、RGBというのはRed、Green、Blueの頭文字です。これは光の三原色と呼ばれます。
パソコンやスマホのモニターは光で色を表現します。そのため、色の調節するために光の三原色の数値を使うのです。

RGBは絵の具の三原色と違って、足すと明るくなるのが独特です。
RedとGreenを足すと黄色になるあたり、頭が混乱します。

256段階を16進数で表す

たいていのPCやスマホのモニターは、RGBをそれぞれ256段階で表現できます。
256というのは中途半端な数に見えますが、これは2の8乗です。デジタルの世界ではキリの良い数なんですね。

(↓Illustratorのカラースライダー maxが255になっています。255に0を加えて256段階。)

256という数は、16の2乗でもあります。
16個の記号を2セット組み合わせることで、256通りの組み合わせを表現できるわけです。

0123456789ABCDEF←この16個の記号
00、01、02とひとつずつ数が上がっていきます
08、09までくると、次は0A〜0Fまでいきます。
その次は桁が上がって、10、11〜となります。
そして、FE、FFまできて終了!

このように、256段階の色を表現するのに00〜FFの16進数が都合が良かったため、このような表記になったようです。

そして、色を表すときは数字の前に#をつけるのがお約束です。
そこで、いちばん明るい赤をカラーコードで表現すると「#FF0000」となるわけです。

システムカラー16色

このカラーコードかるたは、システムカラーと言われる16色のカードで構成されています。
RGBがそれぞれ一番明るい最大出力の状態(FF)と、それぞれ半分の明るさ(80)の状態です。(#C0C0C0はおまけ?)

図解するとこんな関係です。

ざっくり言うと、00で始まるのは寒色、80やFFで始まるのは暖色です。
そして、8の数字が入っているのは濁った色です。

遊んでみた

さて、オフィスのメンバーで昼休みに遊んでみました。
(システムカラーの他に、拡張パック「日本の伝統色」も入っています。)

「R,G,Bの順番で並んでて、0が暗い、Fが明るい。。。」
と、脳内でシュミレーションをしてみますが、これが難しい。

結局小さく書いてある文字を目で探す感じになります。

でもさすがに白・黒・グレーはみんな早い!「#000000」などのゾロ目は手のスピード勝負で、白熱しました。

そんななか、シャーマンが読み手になりました。
「しゃぁぷぅ〜〜」

いきなりの詩吟調

文字では伝わりにくいですが、百人一首を読むような高めの伸びた声。
みんな爆笑して力が抜けました。

勝敗は、出てない札を覚えていて最後の一枚を取ったゆきぱんだの勝利でした!

どうしてこんなかるたができたのか

実は、このかるたの製作者さんとは10年来のお友達です。
遊戯部すずき組というユニット名で自作カードゲームを販売しているそうです。webサイトはこちら→遊戯部すずき組

もともとゲーム開発会社にいたときから、「遊びながら学べるゲームを作りたい」という思いが強かったそうです。
そこで、得意な「エンジニア系の知識」を活かして、楽しく遊びながらITの知識も身につくゲームを作っているとのこと。

このCOLOR CODEかるたは、BuzzFeedさんをはじめ、様々なメディアで取り上げられています。
→BuzzFeed【この発想はなかった】“狂気を感じる”カラーコードかるた 開発者のこだわり

他にも、「抵抗器カラーコードかるた」だの、「要件定義ゲーム」だの、エンジニアがニヤリとするようなゲームを開発していらっしゃいます。
友人の活躍が眩しいです。これからも応援しています!

ちなみに、開発中の次回作をちょっと遊ばせてもらいました。

※試作品 カードのデザインは製品版と違います

今度は、「文字化け神経衰弱」だそうです。
またマニアックな。。。

ゲームマーケット2017春で買えるそうですよ!興味のある方はのぞいてみてください。