• {{ item.count }}

【カープ】楽天に3連勝!西川龍馬の決勝ホームラン!

  • {{ item.count }}
【カープ】楽天に3連勝!西川龍馬の決勝ホームラン!

みなさんこんにちは。
新聞の休刊日なのがとても残念な、ひろぱかのカープ番記者のしゃまひろっス。

カープは楽天に3連勝して、今季の交流戦成績6勝5敗とし、一つ勝ち越しに成功!
交流戦2カード消化時点では2つ負け越していたので、最下位の楽天相手とはいえ、この3連勝は非常に良い結果となりました。
何とか交流戦終盤に向けて「形は整った」と言ったところでしょうか。

昨日の3戦目は2戦目同様の投手戦となりました。
楽天美馬投手をなかなか打ち崩すことができず、6回無失点と好投した九里 亜蓮に勝利をつけることは出来ませんでしたが、7回裏に西川龍馬の決勝3ランで試合を決め、見事に3連勝を飾りました。

打撃好調!野間の活躍がすごい!

カード初戦から丸の先制タイムリー、HRを含む7-0の圧勝。
2戦、3戦目は好投する楽天投手から2本のホームランで試合を決め、今季4度目の同一カード3連勝を決めました。

打線は未だ好調で、3番丸から7番會澤まで3割を超えるアベレージを維持しています。
昨日のヒーロー西川も開幕は出遅れてしまいましたが、最近5試合打率.333と調子は上がってきています。

特筆するべきは、野間の活躍で打率.368最近5試合打率.444のハイアベレージをマークし躍動しています。
走力も非常に高く、相手投手から見ると今一番塁に出したくない選手となっています。

昨年まではシーズンを通して代走、守備固めとベンチスタートが多かった野間ですが、
今季は丸の負傷離脱をきっかけに、スタメン出場する試合が増えていきました。

丸の離脱には広島ファンの誰もが、不安に包まれたはずです!しゃまひろは不安しかありませんでした…

しかし、野間の活躍は丸の穴を埋める以上の活躍をみせてくれて、十分な結果を残しています。

飛躍の要因となったのが、速いストレートへの対応
昨年までは、速いストレートに対応できず凡退が多かったのですが、今季は苦にせず結果を残し続けています。

野間選手曰く

  • 最低限の情報だけを入れて、余計なことは考えない
  • 基本的に相手の一番速い球を想定して、変化球が来れば対応する
  • とにかく三振しないように食らいついていく
  • 速球に振り負けないように最短距離でバットを出す

技術面というよりは、打席での直球に対する意識をかえただけのようですが、それを可能にするだけの練習と技術力があってこその結果だと思います。

大瀬良大地 自身初の月間MVP

投手陣は3試合で1失点と久しぶりの安定した内容で、先発した3投手ともQS(クオリティ・スタート)をクリア。
リリーフ陣も無失点とし、残りの交流戦に少しは期待が持てる結果を残してくれました。

初戦に先発した大瀬良は自身初となる月間MVPを受賞し、現在7連勝中!
今季成績を9勝2敗とし、自己最多となる10勝目に早くも王手をかけています。
先発11試合でQS9と安定した投球内容を見せていて、プロ入り後、今が一番いい状態に見えるのはしゃまひろだけではないはず。

このままシーズンを引っ張って行ければ、カープの3連覇は近いてくる!!

それでも、先発の枠は未だ空いている状況で、ローテーションの谷間は埋まってはいません。
ジョンソンが帰ってきて、1枠は埋まったものの、2つは空いています。

リリーフ陣もここ1週間は安定を見せたが、正直不安を感じずにはいられません…
今村が打たれたところを、目の前で見たし…負けたし〜…

3つ勝てれば問題なし!

今季交流戦では、「パ高セ低」が色濃く表れていてます。
交流戦開幕後はヤクルト以外のチームは軒並み総崩れで、セ・リーグ順位も大混戦となっています。
正直、交流戦でのカープの内容を見ていると、よく持ちこたえれたと感じます。
足並み揃えてセ・リーグのチームが負けていたので運もあったか、ただただセ・リーグが弱いのか…

残す交流戦は、オリックスとソフトバンクの2カード+雨で流れた日ハム戦。
今週のカープは全てビジターでの試合となります。

最低でも3つは勝って欲しいところが本音ですが、やはり本命ソフトバンクが残っている限り楽には勝ち越せないでしょう。

12日からのオリックス戦では、先発ローテーションの谷間なのが現状です。
谷間を埋めれることができれば、勝機はあります!

しかし、楽天に3連勝したことで、カープが交流戦を5割超で抜けるの目は大きく残りました。
最低でも5割で抜ければ、残りのシーズンを有利に戦うだけのゲーム差を維持できるのは間違いありません。

何とか3つ勝って欲しい!!

頼むぞー福井!!

福井かぁ〜ぁ〜…根性見せろ〜