• {{ item.count }}

具材がどれも美味しそうで選べない〜!宮島の勝谷菓子パン舗

  • {{ item.count }}
具材がどれも美味しそうで選べない〜!宮島の勝谷菓子パン舗

こんにちは、ひろぱか編集部のTantanです。
先日宮島に行ってきて、新オープンの素敵なコッペパン専門店に出会いましたのでご紹介します。

コッペパンブームが宮島にも上陸!

突然ですが、昨年頃からコッペパンブームがきているってご存知でしたか!?
おかずを挟んでもスイーツを挟んでもおいしい、素朴なコッペパンの魅力があらためて人気となり、専門店が全国に続々とオープンしているようです。

そして2018年4月、いよいよ宮島にも初のコッペパン専門店がやってきたとのこと!
それがこちら、「勝谷菓子パン舗」さんです。

勝谷菓子パン舗のお花

店頭にはオープン記念のお花がたくさん

もみじ饅頭のこしあんレシピから生まれた“あんマーガリン”が目玉

公式サイトで、お祖父さんのもみじ饅頭のレシピで作られたこしあんのヒストリーが語られています。
なんと大正時代からもみじ饅頭を作ってたんですね、サイトに掲載された白黒写真にロマンを感じます。

勝谷あんマーガリン

目玉商品の「勝谷あんマーガリン」の店頭ディスプレイ

具材のバリエーションが豊富

おかず系とスイーツ系で21種類。種類が豊富で選べないくらいです。「広島お好み焼き」もいいし、「海人の藻塩ミルククリーム」も気になる!

色々迷って「ラムレーズン」と「たまご」をチョイスしました。
他のバリエーションを食べに、また必ず来なくては、、、!

価格がお手頃なのも嬉しい

シンプルなメニューは220円から、がっつりおかずが入ったメニューも440円と、大変お手頃価格です。
修学旅行の学生さんにもやさしいですね。

追いつめられて防波堤に避難

シートに包まれたコッペパン、食べ歩きにも最適です。
フラフラ歩きながら食べようとおもったら、来ましたよ。ヤツラが!

物欲しげなシカ

コッペパンのおいしさを知ってるのか、執拗にすり寄ってきます。

じりじりと海辺へ追いつめられ、防波堤に登ってなんとか避難しました。

購入したコッペパン

シカから死守したコッペパン。

いただきまーす。

素朴な小麦の味わいが最高。

パンはふんわり柔らかく、小麦のいい香りが口に広がります。
これこれ、いい小麦の味。」とニンマリ笑ってしまうような、幸せの味です。

今回食べた「ラムレーズン」と「タマゴ」、おやつとしても、おかずとしても成立しています。
味がプレーンで主張しない分、どんな具材とも合うのがコッペパンの魅力なんでしょうね。

その後どうしても気になって、メインの看板メニュー「勝谷あんマーガリン」もいただきました。
もみじ饅頭で使われていたであろう、優しい味のあんとマーガリンのハーモニー。
「し〜あ〜わ〜せ〜。」
さすが看板メニュー。ペロッと完食しました。

きっと他の具材もふんわりコッペパンに挟まれ、幸せの味がするはず。ぜひコンプリートしたい。
他の具材も食べに来なくては!
みなさんも、宮島へ行ったらぜひ立ち寄ってみてください。