• {{ item.count }}

【カープ】#1 九里亜蓮 自己最高となる3勝目!!

  • {{ item.count }}
【カープ】#1 九里亜蓮 自己最高となる3勝目!!

みなさんこんにちは。
デザイナーのしゃーまんっス。

5月14日(日)今期2戦目のカープ観戦をしてきました。
今年もカープ人気は絶好調で、チケットが手に入りにくい中、日曜日のジャイアンツ戦を見ることができるとは思ってもみませんでした。
野球未経験者のしゃーまんですが、私なりの視点で書かせていただきます。

開始直後、早々の失点。

立ち上がり早々に先発の九里亜蓮が先頭打者に四球を与え、坂本に安打を打たれピンチを迎えると、阿部を抑えるも続くバッター、マギーにあっさり打たれてしまい、先制されてされてしまいました。

今のカープ投手陣は不用意な四球からピンチを広げてしまう傾向にあるので、四球で出したランナーを返してしまったのは、嫌な立ち上がりと感じたのは、私だけではなっかたのではないかと思います。

ですが、不安は裏切られ結果を見れば6回を投げ被安打3、失点1の先発投手としての仕事をしてくれました。
6回には2死を奪うも連続四球を与え満塁となり、この日一番のピンチを迎えるも、要所はしっかりと抑え、本塁を踏ませることはありませんでした。
この場面で九里投手は「四球も低めに投げにいった結果。切り替えることができた。」と弱気にはならず攻めの姿勢を貫いたからこそ抑えれたのだと思います。

ピンチの後にチャンスあり!

私が言わずとも、言われていることですが、チャンスをものにすると流れを呼び込み、チャンスを逃すと流れが傾いてしまうということなのですが、この日もまさにその展開でピンチをしのいだ直後に、母の日に贈る鈴木誠也の決勝ホームランが飛び出しました。

試合が終わって見れば13日に続く連日の大勝。

6回終了まではとても締まったゲーム展開でしたがその後はカープのダメ押しもあり、ジャイアンツのリリーフ陣は崩れてしまい、結果8-1というカープの大勝でした。

九里亜蓮 自己最高の3勝目

九里投手は最近4試合で3敗、自責点18と、非常に悪い内容。
ですが今日の勝ち星で今期成績を3勝3敗とイーブンに戻しました。
前年までの九里投手と比べると5月現在ではありますが充分な成績を残していると思います。
辛口ではありますが、私個人の開幕前の予想では九里投手の期待値としては、わかりやすくいうと4試合投げて1勝2敗くらいと思っていました。
しかし今年は7試合で先発し自己最高の3勝と結果として数字にも出てています。
九里投手に「ごめんなさい。」と言いたいところですが、今シーズンもまだまだ序盤。この結果で満足してもらっては困ります。

10敗してもいいから11勝して欲しい!と心の底から願っています!

と、広島オフィスのみんなに話してもポカーンとしていました…( ゚д゚)ポカーン

 

おわりに

チケットが取れない中、球場で見れたのは本当に幸運でした。

こんな感じでカープのことを書いていこうと思いますので、みなさんよろしくお願いします。