• {{ item.count }}

観光や移住の参考に!ママチャリで路面電車と競争して広島市内を紹介してみた

  • {{ item.count }}
観光や移住の参考に!ママチャリで路面電車と競争して広島市内を紹介してみた

こんにちは、2016に広島へUターン移住してきたTantanです。

旅行や移住で慣れない街に行くときって、色々わからないことがありますよね。

広島市内の移動手段がわからない

私は移住の際、住む場所に悩みました。

「広島市内の通勤手段って何が主流なんだろう」
「どっからどこまで自転車で行けるんかな」
「ぶっちゃけ、移動手段として路面電車ってどうなん??」

広島のスケール感がわからず、地図や路線図とにらめっこして散々考えたものです。

広島のスケール感を体感できる動画を作ってみた

ひろぱかがご用意した動画がこちら。
ママチャリで路面電車と競争して、広島市内のスケール感を検証してみました。

走ったコースは、己斐(広電西広島駅)〜原爆ドーム前のルート、およそ3kmです。

東京で例えると、赤坂から東京駅くらいになります。
大阪なら、淀屋橋から大阪城ホールくらい。

動画でさーっと通り過ぎている風景、実は広島の見どころが色々映っています。
スタートからゴールまで、どんなコースだったか紹介していきます。

まずスタート地点の己斐は広島市内の西の入り口

己斐(広電西広島)は、JR西広島駅と広島電鉄が乗り換えできる便利な駅です。
広電の駅ビル「マダムジョイ」があり、ちょっとした買い物ができます。

※追記:マダムジョイは近々閉店するらしいという情報をいただきました。広電西広島周辺の再開発計画があるそうで、このあたり一帯が生まれ変わるようです。楽しみですね。

太田川放水路を渡る新己斐橋

太田川放水路は、太田川の洪水対策のために拡張された人工河川です。
増水時に市内を守るため、幅広く作られています。その幅約300m!

景色は広々して気持ちいいですが、日陰がないので暑い!(冬はめちゃくちゃ寒い!)

直線で信号もないので、自転車は電車に引き離されてしまいました。
「待ってケロ〜〜」

平和大通り(100m道路)

広い直線道路が続きます。
新己斐橋から続くこの道路は平和大通り(100m道路)と呼ばれています。←道幅が100mあるから。

「平和大通り」と「100m道路」、どちらの呼称も半々くらいで使われています。
しかも、同じ人が両方使ったりもします。
よその人からすれば、まぎらわしいですよね。
私も幼いころは混乱した記憶があります。

さて、この区間には「福島町」「西観音町」の電停があるので、この停車中が巻き返しのチャンス!
「追いつけ、追い越せ―!」

ちなみに、この通り沿いには「西区役所」があります。
西区にお住まいの方はなにかと用がある場所ですね。

そして、アウディとフォルクスワーゲンのある大きな交差点。
信号にひっかかっている電車を横目に左折します。

観音町からむこうに漂うノスタルジー

ここから少しせまい通りに入っていきます。
最新型の電車が走る道とは思えないくらい、昭和の香り漂う風景です。

狭い道なので車両や歩行者に注意しつつ、頑張ってママチャリをこぎます。
このあたりは乗降客が少なめなので、電停での停車時間が短い!

ちなみに観音町・天満町・小網町の電停は、こんな感じでとても控えめ。

停留所っていうか段差?下手したらバス停よりも質素なのでは!?

※追記:小網町は段差すらなくて路面に書かれたペイントだよ、という情報をいただきました。ほんとだペイントだ!→ ゆるい広島の電停事情

賑やかな界隈に入っていきます

土橋で左折し、また広い通りにでました。

電車通りに面した「むすびのむさし」広島に複数店舗を持つおむすび屋さんです。

広島県民のソウルフードと言うのはおおげさですが、「うどんのちから」と並んで広島の人には馴染み深いお店です。

十日市町で右折 相生通りへ

十日市町の大きな交差点。
二段階右折の自転車は不利か!?
がんばって追いかけます。

ちなみに右折せずに直進すると横川駅方面です。

さて、このあといよいよ最後の直線です。

紙屋町・八丁堀の繁華街につながるこの道は「相生通り」。
交通量の多いメインストリートです。

しかしこの先、意外と信号が少ない!
やばい!離されるーーー!

ゴール手前は「相生橋」のゆるい上り坂。

心臓破りの坂とはこのことか。←そんなに勾配はない。

ちなみに広島中心部の道は、たいがい平坦です。
なにせ三角州ですから。
橋の前後はちょっと坂になっていますが、基本的には自転車で走りやすい地形です。

息切れしながら橋を渡るも、電車はすでにゴール地点の「原爆ドーム前」へ。

間に合わなかったか。。。。

ん?

止まっている。

なんか詰まっている。

前の電車が電停にいて、進めない感じ?

これはセーフなのか??ありなのか??

とにかく漕ぐケロ〜〜〜。

そしてなんとか電車ドアオープンと同時にゴールイン!!

つ〜か〜れ〜た〜〜。

結果:同着ゴール???

当初、電車が停留所に止まるまでを想定していたので、まあアウトっちゃあアウトなんですが。それでも、なかなかいい勝負をしたんではないでしょうか。

こう書くとまるで「路面電車は遅くて使えない」かのようですが、そんなことはありません!
ママチャリと違って冷暖房完備ですから。快適さは雲泥の差です。
また、地下鉄などより速度は遅いですが、停留所が地上なため階段の昇り降りなどがありません。目的地へのドアtoドアで考えると、なかなかおすすめですよ路面電車。

ちなみにタイムは15分程度でした。
子供乗せママチャリ(電動アシストなし)でこのくらいなので、広島の中心部はわりとコンパクトなスケール感だということがおわかりいただけたのではないでしょうか。

そんなわけで、己斐から紙屋町の路面電車ルートの紹介でした!
お出かけやご旅行に、ぜひおいでください。